「土地」「建物の調査」「登記」何でもご相談ください。

ごあいさつ

はじめまして、行政書士・土地家屋調査士の今村剛久です。

約20年間の建設会社の勤務経て、平成29年4月より藤枝市にて事務所を開設しました。

行政書士の仕事は、官公署(各省庁、都道府県庁、市・区役所、町・村役場、警察署等)に提出する書類の作成や申請を代行を行う重要な業務です。

土地家屋調査士の仕事は、不動産登記・土地境界確定など、人様の大切な財産に関するこちらも大変重大な業務です。

お客様の依頼に、しっかりとお応えすることが、私の職責であると考えています。今後も、慎重・丁寧・親切・わかりやすいをモットーに、業務に精進して参ります。どうぞよろしくお願い致します。

今村 剛久


土地家屋調査士とは

土地家屋調査士(とちかおくちょうさし)とは、測量及び不動産の表示に関する登記の専門家です。
皆様の大切な財産である土地又は家屋に関する調査及び測量、登記の申請手続・登記に関する審査請求の手続・筆界特定の手続・境界確定手続き等を行います。

 


動画で見る土地家屋調査士


土地の境界が確定するまでの流れ

1. 土地家屋調査士にお問い合わせ・ご依頼

お気軽にお電話、お問い合わせフォームでご連絡ください。料金や内容をご説明させていただきご納得いただけた場合はご依頼ください。

2. 法務局、市区町村役場、土地区画整理組合等での資料調査

境界に関する資料(公図、地積測量図、換地図など)、道路・水路、公共物との関係を調査します。

3. 現地の測量

依頼地を含む街区全体を測量します。(現場によって測量範囲は異なります)

4. 収集資料と測量結果を確認

収集資料、測量結果と現地の状況などを精査します。

5. 仮の境界点を現地に復元

境界と思われる位置を明示します。

7. 境界標設置、境界確認書の取り交わし

境界立会で確認した位置に永久標を設置します。また、確定図面を作成し後日の証しとします。

8. 登記申請(必要であれば)

必要であれば登記申請も行います。